2005-9-1

信濃町探偵団―創価学会最新動向

●法戦煽る池田発言
・8月11日付「聖教新聞」「各部合同研修会での名誉会長のスピーチ@」「戸田先生の遺言 広布の為 いかなる法戦も断じて勝ちとれ」「友の心に『戦う炎』を まずリーダーが『負けじ魂』で立て!」
 「私の胸には、恩師・戸田先生の叫びが響いている。
 『広宣流布のために、いかなる法戦も、断じて勝ちとれ!』
 これが恩師の遺言であった。この言葉を、わが尊き全同志に贈りたい」
・8月15日付「聖教新聞」「わが友に贈る」「電話は 立派な外交戦だ。 広布のために 断じて勝つ! その明朗な一念で語れ!」
・8月17日付「聖教新聞」「わが友に贈る」「仏法は『以信代慧』。 強盛に祈り切れば 勝利の智慧がわく。 最高の作戦で 最高の行動を!」
・8月19日付「聖教新聞」「創立75周年幹部特別研修会での名誉会長のスピーチB」「いざ出陣!正義の底力を満天下に示せ」「『関西に続け』『首都圏を見よ』勝利の渦を巻き起こせ!」
 「ともあれ、一つの地域が立ち上がれば、日本中が燃え立たせていける。
 『関西に続け!』『沖縄を見よ!』『首都圏を見よ!』
 そう言われる先駆の戦いを!今こそ、列島に__勝利の渦_≠巻き起こしていただきたい。いかなる戦いも、戦う以上、勝つことだ。いざ出陣しよう!広宣流布のために!正義の民衆の底力を満天下に示すために!」
 ※幹部研修等の各種会合や、「聖教新聞」掲載のコラム等で、池田大作氏が衆議院選挙必勝の檄を飛ばしている。この檄を受けて、幹部・活動家は猛暑の中、選挙闘争に挺身している。お気の毒に。なぜなら「戦え」と檄を飛ばす当の池田氏は涼しい群馬県草津の多宝研修道場に滞在しているのだから。


●政教一体の選挙体制
・8月11日付「聖教新聞」「列島に轟く広布の勝鬨氏@東京 神奈川 大阪で大会」
 「列島に今、歴史的な広宣の大闘争の勝鬨が轟きわたる!――正義に燃える友の大会が10日、各地で力強く開催された。
 東京・北総区の地区部長会は、北平和会館