8月号目次

月号目次

 

閻魔帳

「加計ありき」疑惑、安倍に逃げ道なし/川﨑泰資

 

特集深刻化する宗教と政治の混迷と混乱

 

都議選結果から見える「安倍1弱」の出現と「コウモリ飛行」の再開/古川利明

都議選・幸福の科学と都民ファーストの“カルト問題”/藤倉善郎

また明らかとなった自民党と旧統一教会の関係 自民党は旧統一教会を支持母体として認めるのか/鈴木エイト

都議選総括─創価学会・公明党の「全員当選」がもたらしたもの/段 勲

選挙闘争の切り札は「陰徳陽報の大功徳」──勢力後退をごまかす姑息な選挙戦術/乙骨正生

 

トピックス

秒読み「政権崩壊」 依怙贔屓で行政を歪めた安倍内閣/森 功

連載

信濃町探偵団──創価学会最新動向

新・現代の眼(第12回)

忠義の末期

菅野 完

ヨーロッパ・カルト事情233

医療におけるセクト(有害カルト)的逸脱広岡裕児

執筆者紹介  編集後記

 

 

 

編集後記から

 小誌の発行日は毎月10日です。日本の文芸誌の代表である「文藝春秋」と同じ発行日であることはおこがましく、少々気恥ずかしいのですが、発行日を10日としたのは前月に発生した事件や事象を網羅することができるとの考えに基づいています。

 しかしそれゆえに毎号の締め切りは月末となり、月初に生じる事件や事象への対応は遅れることになります。今年最大の政治決戦と位置づけられた東京都議会議員選挙の投開票は7月2日。本来であれば7月号で対応したかったところですが、残念ながら1カ月遅れの特集記事となりました。もっとも時間的余裕は、多角的な検証を可能にしてくれます。一般紙誌とは一味違った特集記事を、是非、ご一読ください。

 7月18日、聖路加国際病院名誉院長である日野原重明氏が105歳で逝去されました。従来は成人病といわれていた各種の疾病を生活習慣病という呼称へと変えた人としても知られており、予防医学への貢献から2005年には文化勲章も受賞されています。

 その日野原氏は、30年前の1987年から全国各地の小学校を訪問し、子供たちに平和や命の大切さを訴える「いのちの授業」を100歳を超えるまで続けられており、戦後70年の節目の年に上梓した『戦争といのちと聖路加国際病院ものがたり』の出版会見では、「武器には武器、暴力には暴力で応じる悪循環を断ち切り、戦争ではなく話し合いで物事を解決する、根強い精神が必要」だと訴えられていました。

 その日野原氏と比較するのもおこがましいですが、日本には、世界各国の政治的指導者や識者と、世界平和に向けた「対話」を繰り返してきたことを自慢する核廃絶論者だという(よわい)89の老人がいます。

 もっともこの人物は、日野原氏とは異なり、7年もの間、人前にはいっさい姿を見せず、自分を「永遠の師匠」と崇め奉る宗教団体の機関紙にコメントやメッセージを載せるのみ。そしてこの人物が創立した政党は、いま政権与党の一角を占めていますが、日本政府が核兵器禁止条約交渉に反対し交渉会議を欠席しても、この人物は政府に抗議することも、政党を叱責することもありません。

 先日の都議選でこの人物が創立した政党は、宗教団体の熾烈な選挙闘争の結果、全員当選を果たしました。今後、一強だった安倍政権の支持率が低下する中で、この宗教団体の政治的影響力が拡大することも懸念されます。それだけに小誌は、今後とも厳しく宗教と政治、宗教と社会の諸問題に取り組んでいく所存です。

カテゴリー: 最新目次   パーマリンク

コメントは受け付けていません。