5月号目次

月号目次

 

閻魔帳

安倍政権の深い闇──スルーされる加計学園問題/森 功

特集ファシズムの温床・洗脳教育──「教育勅語」と「人間革命」

 

「教育勅語」「新・人間革命」──自公ファシズムの本質にある洗脳用教材の使い回し/古川利明

核も部分も現代に通用せず─「森友」の日本会議的戦略/柿田睦夫

『新・人間革命』は「精神の正史」という誤魔化し/段 勲

神仏習合ならぬ「神の国」ファシズムと「仏の国」ファシズムの融合/乙骨正生

 

トピックス

桜田淳子復帰騒動でフジテレビ『バイキング』が被害者軽視の“無責任”放送/鈴木エイト

 

連載

信濃町探偵団──創価学会最新動向

新・現代の眼(第回)

「愛国」というファッション菅野 完

ヨーロッパ・カルト事情231

ジハード主義の精神操作(マインドコントロール)、セクト対策市民団体担当者に聞く(1)広岡裕児

執筆者紹介  編集後記

 

 

 

編集後記から

  稀代の悪法といわれた治安維持法の再来と批判される共謀罪(テロ等準備罪)の国会審議が始まりましたが、共謀罪の成立を図る自民・公明両党は、衆院法務委員会の審議冒頭で、野党の反対を押し切って政府参考人である法務省の刑事局長の出席を強行に採決するなど、異例づくめの審議が続いています。

 この共謀罪の審議と軌を一にするかのように政府は、治安維持法と並んで国家神道・昭和軍国体制の支柱となった教育勅語を、道徳教育の教材などに使うことを容認する閣議決定を行いました。

 周知のように、自公連立政権の一角を構成する公明党の組織母体である創価学会の前身・創価教育学会は、戦前、治安維持法と不敬罪違反容疑で摘発され、牧口常三郎会長は獄死しました。その牧口会長逮捕の要件のひとつは、教育勅語批判にありました。創価学会は、牧口・戸田城聖・池田大作の初代・二代・三代会長を「永遠の師匠」と規定していますが、その「永遠の師匠」を獄死させる要因となった教育勅語の教材使用につながる閣議決定に公明党閣僚は賛成。そして治安維持法の再来といわれる共謀罪については、公明党は反対どころか積極的に成立に加担しています。だが、こうした公明党の動きを創価学会は批判することなく、教育勅語の教材化と共謀罪の導入に反対しようともしません。詳しくは今号の特集記事をご参照ください。

 安倍自民党とともに共謀罪の成立に腐心する公明党は、コウモリ政党よろしく東京都議会では自民党と袂を分かって小池知事と手を組み、改革の旗手として「都民本位」の政策を実現するとアピールして、23人全員の当選を目指しています。原田会長をはじめとする幹部らは、そうした公明党を最大限礼賛。あわせて都議選の勝利は、創価学会の永遠性を確立するための法戦だと、会員の尻を叩いています。宗教的マインドを刺激して全国各地の学会員を都議選のための選挙闘争に駆り立てる創価学会。地方自治と民主政治を蔑ろにする創価学会の選挙活動を、是認することはできません。

 厳しい監視と批判、そしてなによりも創価学会・公明党に関する有権者への正確な情報提供の必要性を痛感します。異例ずくめ

 

カテゴリー: 最新目次   パーマリンク

コメントは受け付けていません。